So-net無料ブログ作成
検索選択

H26年3月決算の注意点 中小法人の交際費の定額控除限度額年800万円 [法人税]

H26年3月決算で気をつけたいこと。

中小法人交際費の定額控除限度額 年600万(損金不算入10%) だったのが 年800万(損金不算入なし) まで全額控除できるようになりました。

これは平成25年4月1日以後に開始する事業年度から適用になったため、今度の3月決算(5月申告分)から適用になります。

この定額控除限度額制度は平成26年3月31日が適用期限でしたが、平成26年度税制改正で2年間延期になったので、平成28年3月31日まで延長されました。

また、平成26年4月1日開始事業年度からは①支出した交際費の800万円まで損金算入、②飲食のために支出する費用の50%までは損金算入のどちらか有利なほうを選択できます。

税額の試算などをするとき、エクセルの計算式を変更するのを忘れないようにしなければ・・・
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。