So-net無料ブログ作成
検索選択

納付書の書き方 給与源泉所得税(納期の特例)の役員賞与欄 [所得税]

スポンサーリンク




今回は、納付書の書き方です。

給与の源泉所得税(納期の特例)7月~12月の下期分で、
事前確定給与の届出を出した役員賞与が7月と12月に支払われていました。

役員賞与の欄は、納付書の一番下にあるのですが、
そこには「同上の支払確定年月日」という記入欄が。。。

事前確定届出給与は支払日が厳格なので支払日を書くんだなと思ったのですが、
今回は7月と12月に支給されています。

あれ・・・どっちの日付を書くのかな?納付書2枚書くのかな??
と迷って調べたのですがわからず、税務署へ電話しました。

税務署の担当者いわく、

「同上の支払確定年月日」は、支払った日ではなく、役員賞与の支給を決めた日=事前確定給与の届出に記載してある株主総会の日を記入するとのこと。

支払った日は、その上にある○○年○○月○○日~○○月○○日の欄に記入するのでとのこと。
そういわれれば、そうでしたw
支払日は「支払年月日」の欄ですよね。

覚えました!


スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。