So-net無料ブログ作成
検索選択

償却資産(固定資産税)の免税点の判定、複数所在地で固定資産を所有している場合 [地方税]

スポンサーリンク




償却資産(固定資産税)の免税点は150万未満です。

これが支店や営業所など所在地が複数ある場合の判定はどうなるのでしょうか?

償却資産(固定資産税)の免税点である150万円未満の判定は、会社全体ではなく、資産の所在地ごとに判定しますので、市区町村別にそれぞれ免税点が150万円未満ということになります。

したがって、会社全体で200万円の償却資産を所有していても、2ヶ所の区に営業所をかまえ、それぞれが100万円づつの償却資産を所有していたとしたら、どちらも免税点以下となり償却資産は課税されません。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。