So-net無料ブログ作成
検索選択

貸付金認定利息 計算式 [法人税]

スポンサーリンク




会社から役員や従業員へお金を貸すことってありますよね。

「会社から借りたんだから元本だけ返せばいいや!」ということはなく、きちんと利息を取らないと給与所得とみなされ所得税の対象となるかもしれません。

【利率は決まっているのでしょうか?】

税務署のHPより、基本的な利率は4.3%です。

4.3%に満たない利率で貸付した場合、次の1~3に該当する場合を除き、4.3%の利率と貸付けている利率との差額が、給与として課税されることになります

1 災害や病気などで臨時に多額の生活資金が必要となった役員又は使用人に、合理的と認められる金額や返済期間で金銭を貸し付ける場合

2 会社における借入金の平均調達金利など合理的と認められる貸付利率を定め、この利率によって役員又は使用人に対して金銭を貸し付ける場合

3 4.3%の利率と貸し付けている利率との差額分の利息の金額が1年間で5,000円以下である場合

 ただし、会社などが貸付けの資金を銀行などから借り入れている場合には、その借入利率を基準として計算します。

たとえば、 銀行から4%の利率で借り入れた資金を2%の利率で貸し付けた場合、4.3%との差ではなく、4%と2%との差である2%分の利息の金額が給与として課税されます。

一般的には2番を採用しているとおもいます。

【利息の計算方法は?】

銀行などの借り入れと違って、最初から綿密な返済予定表を立てていない場合が多いです。
それと、返したり返さなかったり、金融機関と違って柔軟な対応が多いのも特徴です。

そんな不規則な返済ですが、年利は次の計算で求められます。

利息の計算式は、毎月の残高(期首から期末)合計÷13ヶ月×年利

期首から期末までの残高を合計し13か月で割って平均化したものに年利をかけると、1年分の利息が計算できます。







スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。