So-net無料ブログ作成
検索選択

保険解約返戻金 消費税 不課税の理由 [消費税]

スポンサーリンク




保険を解約したので返戻金が入金になりました。

そこでふと思ったのですが、
解約返戻金は保険金と同じで消費税は不課税扱いです。
でも、支払った保険料の戻りなら、非課税売上にならないのかなぁ・・・・と。。。

保険会社の言葉ってちょっと独特でなじみがない言葉も多いですよね。
そこで、解約返戻金とは何かを調べてみました。

解約返戻金とは・・・

解約返戻金とは、解約時に返戻※されるお金のことです。
解約時に、生命保険のために支払った保険料のうち
保障部分として使われていない部分の残りということになります。

生命保険の保険料は「死亡保険料」「貯蓄保険料」「付加保険料(手数料)」の三つで構成されています。

この「貯蓄保険料」の部分が原則として解約返戻金となります。

「貯蓄保険料」とは、
将来の保険(終身保険)や満期保険金(養老保険)のために積み立てている保険料で、
支払時は「保険積立金」・「前払保険料」などの科目で計上している部分です。

保険を解約した時は、この積み立てていた「貯蓄保険料」の中から、
経費などを差し引いて残った金額が解約返戻金となるわけです。

積立金の戻りなので、対価性がなく消費税は「不課税」となるのですね。

なぜそうなるのか・・・調べるとすっきりします♪

※返戻・・・(へんれい)返し戻すこと。返却。返還。

電子ブック。本がかさばらなくていいですよね。欲しいです。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。