So-net無料ブログ作成
検索選択

消費税増税 8% 課税時期(原則) [消費税]

スポンサーリンク




平成26年4月1日から消費税の税率が5%から8%になります。

平成26年4月1日を境にすべての取引が8%になるかというと、
そうでない取引もあるようで、国税庁より経過措置が発表されています。

いろんなケースが考えられるので、
忘れないように思いついたものから記載していきたいと思います。

まず、【原則】は・・・

平成26年4月1日以後、国内において行われた資産の譲渡等には新税率8%が適用されます。

・棚卸資産の譲渡、固定資産の譲渡
 引き渡しのあった日。

・資産の貸付
 契約や慣習により支払日が定められているもの⇒支払を受けるべき日
 支払日が定められていないもの⇒支払を受けた日

・請負
 物の引渡しを要するもの⇒目的物の全部を完成して引き渡した日
 物の引渡しを要しないもの⇒その約した役務の全部の提供の完了日

・人的役務の提供
 約した役務の全部の提供の完了日


【経過措置】が設けられている取引

・旅客運賃
 施行日:平成26年4月1日前に購入し、施行日後に乗車等されるもの。

・電気・ガス・水道等
 施行日前から継続して供給等されるもので、
 平成26年4月30日までの間に検針等で料金が確定するもの。

・工事の請負等
 平成25年9月30日までに締結した工事の請負に係る契約に基づき、
 施行日以後に資産の譲渡等を行うもの。

・資産の貸付け
 平成25年9月30日までに締結した資産の貸付けに係る契約に基づき、
 施行日前から施行日以後引き続き行われる資産の貸付で、一定要件を満たすもの。

・役務の提供
 平成25年9月30日までに締結した役務の提供に係る契約に基づき、
 施行日以後に行われる役務の提供で一定の要件を満たすもの。

・長期割賦販売等
 平成26年4月1日前に行った長期割賦販売等に係る賦払金の支払期日が施行日以後に到来するもの。

・長期工事の請負等
 平成25年10月1日から平成26年3月31日までの間に締結した
 長期大規模工事等の請負に係る契約に基づき、施行日以後に引き渡しを行うものにつき、
 工事進行基準の適用に係る一定金額部分。

経過措置についてはいろんなケースがあるようなので、
個別に記載します。

消費税増税前に買いたいもの№1はやっぱり住宅でしょうか?
ハウルの動く城に出てくるソフィーの帽子店の紙模型です。
紙で作ってるなんて思えませんね。



スポンサーリンク



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。