So-net無料ブログ作成
検索選択

予定納税 事業税 還付になったときの別表4の書き方 [法人税]

スポンサーリンク




事業税の予定納税が還付になったときの別表4の書き方。
次のようなケースの場合。

①期中70万円の事業税予定納税が発生。

法人税等 700,000 / 現金 700,000

②決算確定時の事業税は30万円だったため、決算修正で未収入金を計上。

未収入金 400,000 / 法人税等 400,000

別表4の記入。

減算-留保 400,000

別表5(1)

未収入金(事業税)として、当期増加欄に△400,000


ここでなぜ別表4は減算-留保なのか。

事業税は現金主義で計上・・・つまり、支払ったときの損金です。
ということは、還付が行われた事業年度では益金となります。

未収入金を計上した事業年度では、益金不算入なので、
別表4で減算-留保と記入します。

翌期になり還付があったときは、益金算入なので、
別表4で加算-留保
別表5(1)で当期減少欄に△400,000と記入します。

これで次からは忘れません♪

事業税がTシャツを選ぶならこれかな!



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。