So-net無料ブログ作成
検索選択

転勤支度金 勘定科目と消費税の取り扱い [消費税]

スポンサーリンク




人事異動による転居に伴う出費相当額を転勤支度金として支給した場合。

旅費交通費に含めるようです。

旅費交通費についての解説によると、

会社の業務遂行上、交通機関等の利用により移動したときの費用を処理します。

※具体的には次のようなものを処理します。
1.電車代、バス代、タクシー代、航空運賃、駐車代、高速代、船賃等の費用
2.出張時の宿泊料、食事代、日当、支度金
3.赴任旅費、支度金、転勤に伴う荷造り運賃

この3番に該当します。


次に気になるのは消費税の取り扱いですが、
通常必要であると認められる部分の金額は、課税仕入れに該当します。

社員に支給した転居支度金のうち、通常必要であると認められる部分の金額は、
課税仕入れに係る支払対価に該当するものとして仕入税額控除の対象となります。

「転居について通常必要と認められる部分の金額」の範囲については、所得税基本通達9-3の非課税とされる旅費の範囲の例により判定することとされています。

<参考条文>
国税庁HP 消費税法基本通達11-2-1 「出張旅費、宿泊費、日当等」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shohi/11/02.htm
国税庁HP 所得税基本通達9-3 「非課税とされる旅費の範囲」
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/02/02.htm#a-03


別れの挨拶「どらえもん」に書いてもらえると淋しさも紛れるかも?



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。